CNS/疼痛

WuXi CNS/疼痛ディスカバリーでは、AAALAC認証動物施設とGLP標準ラボを含む世界レベルのラボラトリーによる、カスタマーに合わせた統合型サービスを提供します。弊社は常に最高水準のデータ品質、一貫性、最高の有効性に向けた取り組みを行っています。

最高クラスの能力

  • 疾病およびプロジェクトの管理経験を有する機能遂行リーダー
  • 実験室での豊富な経験を有する技術リーダー
  • 献身的なスタッフと質の高い研修システム
  • ウェスタン・ファーマ標準機材設備およびSOP
  • 拡大を続ける多様なバックアップ体制と新規の能力
  • GPCR 、キナーゼ、イオンチャンネルに対応した機能的多様性

In vitro および Ex vivo アッセイ

  • In vitro アッセイ
    • GPCRs
      • 受容体結合とラジオリガンドの競合(膜または全細胞)
      • 機能:cAMP、カルシウム動員、IP1、β-アレスチン、レポーター遺伝子
      • 作用薬、拮抗薬、アロステリック調節剤
      • 受容体選択性:結合、機能アッセイ
      • MOA試験:結合モード、脱感作
    • 酵素
      • 活性アッセイ:キナーゼ、プロテアーゼほか
      • キナーゼ選択性およびパネル・スクリーニング
  • Ex vivo アッセイ
    • 受容体結合
    • ネイティブ組織膜および一次ニューロン培養
    • 細胞および生化学リードアウト:毒性、生存率
  • バイオマーカー/生物化学的測定:ELISA、WB、qPCR
  • スループット:ヒット化合物同定およびSARサポート

電気生理学

  • 電流容量
    • IonWorks Quattro: 384ウェルPatchPlates使用。機器は現在稼働中。1日あたり許容量:約3000データポイント
    • QPatchシステム:2機の Qpatchマシーンを用い、1日あたり約60点の濃度-反応曲線を作成可能。同機は現在半充填状態
    • 培養細胞記録用マニュアル式パッチクランプ:4リグ装着、電流容量は1日あたり約10点の濃度-反応曲線に対応可能
    • 脳スライスの記録:装置1基が使用可能、1日あたり細胞約2~6個
    • GLP hERG:検定済み装置1基、1日あたり化合物1種
  • イオンチャンネルのターゲットの拡大
    • 安定した細胞株:
      HERG-HEK
      Kv10.1-CHO
      P2RX7-CHO
      TRPV1-HEK
      Nav1.4-CHO
      Nav1.6-CHO
      Nav1.7-CHO
    • 最終構築物: 
      Nav1.8
      nAChR
      7-Ric3
      Stim1/Orai1
      Stim1/Orai3
      Kir3.1-3.4
      TRPV4

In vivo 薬理学およびトランスレーショナルサイエンス

CNS/疼痛創薬におけるトランスレーショナルサイエンスの重要性から、弊社は第2相臨床試験の成功をサポートする能力の構築を目指しています。この達成のため、弊社は、変形性関節症についてもっとも重要な動物モデルと考えられる体重負荷により測定するラットMIAモデルを開発しました。また受容体占有法も開発し、ターゲット連動エビデンスを提供しています。

トランスレーショナルサイエンスの他にも弊社では、複数のエンドポイント(行動、有効性、PK/PD、安全性、バイオマーカー・アッセイ、病理学)を用いたシステマティックなin vivo新薬発見と開発サービスを提供するため、CNS疾患と慢性疼痛に関する広範囲な動物モデルを構築しています。

CNS/疼痛のトランスレーショナル・モデル

 

  • モノヨード酢酸ナトリウム(MIA)

  • 脳受容体占有率測定

疼痛モデルおよび測定

  • 急性痛覚
    • テールフリック
    • ホットプレート
  • 急性炎症性疼痛
    • ホルマリン
    • カプサイシン誘導接触性アロディニア
    • カラギーナン
  • 慢性炎症性疼痛
    • CFA
  • 慢性神経性疼痛
    • SNL:脊髄神経結紮(Chung)
    • CCI:慢性絞扼損傷 
    • PNL:部分的神経結紮
    • 糖尿病/化学療法による疼痛
  • 手術後疼痛
    • ラットにおけるBrennanモデル
  • 内臓の疼痛
    • マウスにおける酢酸に対する苦悶
  • かゆみモデル
    • マウスにおける化合物48/80誘導かゆみモデル

CNSモデルおよび測定

  • 安全性アッセイ
    • Irwin試験
    • FOB(機能観察バッテリー)
    • 自発運動
    • Rotarod試験
    • 握力
  • 認知機能アッセイ 
    • Morrisの水迷路試験
    • 受動回避
    • 遅延交替反応(Y型迷路)
    • 新奇物体認識試験(NOR)
    • 注意セットシフト
  • 統合失調
    • プレパルス・インヒビション驚愕刺激(PPI)
    • 条件回避反応(CAR)
    • PCP/アンフェタミン誘導自発運動亢進
    • SubPCP/NeoPCP誘導 induced 認知障害
  • 不安および抑うつ
    • Vogel型抗コンフリクトテスト
    • オープンフィールド
    • 高架式十字迷路法
    • 強制水泳試験
    • 学習性無力感
  • パーキンソン病(PD)
    • HIC(ハロペリドール誘導カタレプシー.
    • 6-OHDA一側性病変モデル
    • 6-OHDA PD ラットの無運動モデル
    • 6-OHDA PD ラットのL-DOPA誘導運動異常
  • アルツハイマー病(AD) 
    • スコポラミン誘導健忘モデル